仲間に惜しみない声援を送る(No.2351)

こんにちは!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

今朝は

いいお天気の中

リレーマラソンの応援に行って参りました。

お客様が参加されるとお聞きしたので

皆さんの雄姿を拝見したい!

と思いまして。

 

 

高校生の陸上部っぽいチームとか

超本気の方々もいらっしゃいましたが

仲間と走ることを楽しんでいる方々が

たくさんいらっしゃいました。

 

 

普段、職場で毎日

顔を合わせる仲間と

職場以外の場所で

一緒に汗を流す時間って

いいものですね。

 

 

いろいろなチームの

いろいろな光景を見ることができました。

 

 

ランナーが走っているときに

職場(お友達同士かもしれませんね・・・)の仲間から

「がんばって~!」

と、声を掛けられると

皆さん嬉しそうです。

いい笑顔になられます。

ちょっとスピードも上がるようです。

「お~~速いねえ~~!!」

なんて言われたら

ますます張り切ってしまいますね。

心の中でガッツポーズをされているのでは

ないでしょうか(笑)

 

 

おもしろい光景もありました。

ランナーとしては

仲間の前を通るときに

声援を送ってもらえるものとして

それを楽しみに

仲間の前を通過しようとしているのに

それに気づいていない仲間の皆さんでした(笑)

そしたらランナーの方が自ら

「お~い!ここだよ~!」と声を掛けられ

存在をアピールしていらっしゃいました。

そりゃあ、見ていて欲しいですよね!

声援を送って欲しいですよね!

 

 

わざわざ走りを止めて

仲間全員とハイタッチしていらっしゃる方も

いらっしゃいました。

 

 

人が人を応援する姿

応援される姿は

誰が見ても

気持ちのいいものではないでしょうか。

応援するほうも

応援されるほうも

嬉しいことなのだと思います。

 

 

マラソンに限らず

どんな場面でも

そうなのだと思うのです。

もちろん、職場でもそうですね。

人が起きている時間の大半を過ごす場所ですから!

応援し合う空気があふれていたら

素晴らしいですね。

 

 

最近読んだ本

『1分間モチベーション』
ケン・ブランチャード シェルダン・ボウルズ 著

にも書いてありました。

やる気が上がる3つのコツの1つは

「仲間に惜しみない声援を送る」

ことだと。

 

 

今日の楽しい思い出

改めて得られた一体感が

また職場の中で

「仲間への惜しみない声援」となっていくことと

思います。

 

 

やっぱり

応援するって

いいですね!!

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ