人生と向き合う(No.2137)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

昨年12月から受講していた

馬場真一さんの「実現力養成講座」の

最終回を受講してきました。

 

 

私自身、自分なりに

人生をどう生きたいかということを

考えてきた「つもり」でいました。

「自分はこういう人生を生きたい」

「こういう人間でありたい」

ということを思い描き

ミッションステートメントとして書き記しました。

これまで何度も

自分の人生最終日の光景を

イメージすることに挑戦してきました。

こんな想いで死にたい。

その時、子どもたちには

こんなふうに感じてもらいたい。

と、想像しながら

自分の人生のゴールを見つめようと

つとめてきた「つもり」です。

また、ミッションステートメントの見直しも

毎月やってきました。

自分が80歳の誕生日を迎えた日の

日記を

妄想で書きながら

涙したこともあります。

なんとか納得いく人生にしていきたいという

想いから

自分にやれることを重ねてきた「つもり」なのですが・・・

自分は、「このために生きる」

「これのために命を使う」

という部分が

自分の中にちゃんとないんじゃないか?

と気づき

一番大事な部分が抜けているのではないか

と焦りました。

自分なりに納得のいく答えがほしい

見つけたいと思ったことが

受講の動機です。

 

 

それについては

はっきり確認できた自分の想いがあります。

また、方向性は見えたと思えるものが

ありました。

やっぱりそういうことか・・・

と、自分で思えたこともありました。

ここは、もう少し噛みしめながら

言葉化していきます。

 

 

受講してみて

思いがけず得られたものがあります。

それは

こんなに向き合えたのは初めてだ

と思えるほど

自分の過去と向き合えたことです。

その中で

人生の宿題と思えるものが明確になりました。

うすうす気づいてはいたけど

向き合わずにきたこと。

飛び込むにはかなりしんどかったこと。

そこに飛び込むところまでは

できました。

そこは自分にとっては

大きな一歩かもしれません。

ただ、この宿題

まだ取り掛かり始めたばかり・・・

かもしれません。

でも、これに取り組まないと

自分が最終的に得たいものには

届かない。

そんな気がするのです。

この宿題を通して

より自分の納得感を高めていきたいです。

 

 

また、今回、受講を決めた時には

予想していなかったものが得られました。

それは、仲間たちからのフィードバックです。

ともに時間を過ごす仲間から

「私という人間がどう見えるか?」

ということを言ってもらうという機会に

恵まれました。

勇気をもって

言葉にして伝えてくれたこと

私のために

大切な時間を使ってくれたことに

心から感謝です。

フィードバックをもらい

感じたこと

それをどう今後につなげていくかということを

大切に扱っていきたいです。

 

 

人生の中で

このように立ち止まり

仲間とともに

人生そのものに向き合えた体験は

本当にかけがえのないものです。

そんな機会に恵まれたことを幸せに思い

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

 

 

【セミナーのお知らせ】

「組織の対話力を向上させ業績向上の

土台をつくるセミナー」を

開催します。

 

————————–

日時:
3月の日程は未定です。
場所:サンフォルテ
料金:5,000円
定員:4名
お申込み方法:メールにて
satokeicoach@gmail.com
——————————-

今、将来のために

会社が繁栄し続ける土台をつくりたいと

思われている経営者様の

お役に立てればと思います。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ