人から信頼される人とは・・・(No.2490)

こんにちは!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

今から書くことを

目の当たりにする出来事が

ありました。

 

————————–

「無言の人格こそ雄弁なのである」

 

「突き詰めれば、

あるがままの自分、人格が、

どんな言動よりも

はるかに雄弁なのである。」

(『完訳 7つの習慣』  14ページより引用)
—————————-

 

 

あるお客様が、お仲間の方に

私の取り組みをご紹介くださいました。

話を聞かれた方は

「この人が言う取り組みなら間違いない。」

と思われたそうです。

まさに、説明の仕方とか

内容ではなく

人格のおかげで伝わった

ということだと感じました。

これが

人から信頼されるということか・・・と。

 

 

そこまで人から信頼されるということ

そこまで人を信頼できるということに

感動しました。

 

 

人はどういう部分を見て

人を信頼するのでしょうか?

「お願いだから

私のことを信頼して!!」

と頼んだからと言って

信頼されるわけではないですもんね(笑)

 

 

今回のことから

考えてみました。

人はどこを見て

人を信頼するのかを。

 

 

たとえば・・・

言ったことをちゃんと実行する姿を

人は見ている。

何をどう考える人であるかを

人は感じている。

人のために「これでもか」というぐらいに

力を注ぐ姿勢を

人は見ている。

それを

どんな心の状態でやっている人なのかを

人は感じている。

 

 

そういう部分を見て

人は人を信頼するのではないか。

そう思いました。

 

 

そして人は

「信頼されている」と感じることで

さらに良くなろう!

良い結果を出そう!

と、挑戦できますね。

そして、挑戦できることに

喜びを感じるのだと思います。

 

 

そして、その姿がさらに

信頼度を高めていくのだと

思うのです。

 

 

そんなことを感じる体験をして

改めて確認できました。

対話を柱とした取り組みを通して

私を含めみんなで

人格を磨いていきたいのです。

 

 

日々感じることは

対話を通して皆さんが

人格を磨かれているのだということです。

人の話を聴いて

自分も話しながら考える。

人の話を聴きながら

自然に自分に向き合っている。

人が聴き合う場での

「自分は認められている」という空気が

自分の見たくない部分にも

目を向けさせてくれる。

お互いの間に

肯定的な空気が流れる場では

素直な心で

自分を見つめ

自然に改善を決意できる。

挑戦できる。

挑戦して

うまくいってもいかなくても

応援し合う空気の中で

また挑戦しようと決意できる。

そんなことが可能となる対話の場づくりを

さらに愛を込めて

お手伝いしていきたいと

改めて決意させていただきました。

 

 

信頼の空気に満ちあふれた方々に触れて

決意できたことに

感謝です。

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ