ボタンの掛け違いを辿ってみる(No.2065)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

コミュニケーションは

人間関係をより強固なものにする

きっかけをくれるということを

改めて実感しました。

 

 

最近、おもしろい経験がありました。

強い信頼関係ができていると感じている人との

会話の中で、なんだかよからぬ雰囲気に(笑)

私は普通に話しているつもりだったのですが

相手にとっては違和感があったようです。

 

 

さらに、私は、何だか否定されているように感じ

あまり楽しくない会話に・・・(笑)

 

 

何に、どう感じたのか?

ということをお互いに確認していくと・・・

 

 

まずは、相手が私の言葉を

私の意図とは違う意味合いで

捉えていました。

ボタンの掛け違いは

そこから始まっていたわけですね(笑)

 

 

私からすると

「え?そこ、そうとらえたんだ!!!」

という感じです(笑)

 

 

そして、これまた複雑なことに

相手は私を肯定するつもりで

否定的な表現を使ったのです。

ちょっと高度でしたね(笑)

私がちゃんとできているということを

伝えてくれたくて

あえて否定したというのが

真相でした(笑)

解明してよかったです。

 

 

これは

違和感を持った時点で

ひとつひとつ解きほぐす会話があったので

お互いに無事理解することができましたが

もし、解きほぐす会話がなかったら

どうなるでしょう?

 

 

「なんてこと言うんだ!」

「なんで否定されなきゃいけないんだ!」

という想いを抱えてしまえば

人間関係にひびが入りますね(笑)

 

 

そうならずにすんだのは

「それ、どういう意味?」

「私はこう感じた」

という、対話があったからです。

もっと言えば、それができる信頼関係を

つくってきていたからです。

 

 

そして、今回

同じ言葉でもお互いの捉え方が違うことが

わかりました。

そしてお互いの基本的な考え方のようなものを

理解することができました。

そして、今後も

違和感があれば確認するということが

できると思うのです。

 

 

私自身

今は組織の中で必要な話ができる

空気づくりをお手伝いしていますが

もともとは自分の弱い部分です。

苦手だからこそ

乗り越えたくて

だからサポートしたいという想いが

生まれたのだと思っています。

 

 

今回のちょっとした出来事を通して

自分自身も自分の課題に向き合うことを通して

成長しているのだと実感できました。

そして

必要な話ができること

確認すればいいことを確認できることは

大切なことだと実感しました。

 

 

自分自身も成長し続けたいですし

組織の挑戦をどう応援するかを

追求し続けたいです。

 

 

 

 

【セミナーのお知らせ】

「組織の対話力を向上させ業績向上の

土台をつくるセミナー」を

開催します。

 

————————–

日時:
1月16日(火)19:00~21:00
2月6日(火)19:00~21:00
場所:サンフォルテ
料金:5,000円
定員:4名
お申込み方法:メールにて
satokeicoach@gmail.com
——————————-

今、将来のために

会社が繁栄し続ける土台をつくりたいと

思われている経営者様の

お役に立てればと思います。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ