エンドレスな内側の作業(No.2599)

こんばんは!

望む結果を手に入れるために

挑戦できる空気をつくり

真の課題を解決することを

お手伝いするパートナー

佐藤慶子です。

 

 

今日は、マイコーチである

馬場真一さんが富山に来られ

講演してくださいました。

ここ最近、年に1回は

富山に来ていただいていて

嬉しいです。

 

 

4年前

自分を見つめ、整えたい

という想いから

馬場コーチのコーチングを受けることにしました。

自分のこと、自分の人生を考えるということに

取り組んで来ました。

 

 

そして

自分の人生の目的をもっと明確に

自覚したいという想いから

馬場コーチの

実現力養成講座を受講しました。

仲間の力を借りて

自分自身のことを知る

ということに取り組みました。

仲間の力が

必要だったのです。

 

 

そして

この取り組みは

「もうこれでよし」

「OK!」

と言うことはありません。

現在の自分を知り

受容するということに

終わりはなく

自分のゴールを明確にするということにも

終わりがない。

そんな自分の内側での作業は

ずっと続くわけですね。

 

 

今日も

本質についてのお話を

お聴きすることができました。

今日初めてお聴きしたお話ではなく

何度かお聴きしているわけですが

その時その時の自分で

気づくことがあるのだと思いました。

 

 

今日感じたことは

もっともっと

余計なものを脱ぎ捨てたい

ということでした。

鎧のようなものを

まだまだ着ている自分だな・・・と。

等身大の自分で

もっと素直に

今の自分を直視して

良い人間になる取り組みを

続けていきたいと

改めて思ったのです。

 

 

良い人間に「なる」

と書きましたが

人間は本来良い、すごい。

だからそんな本来の自分に「戻る」

という考え方が

とてもいいなあと思いました。

諦めずに

一歩一歩前進していきたいです。

 

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク