やってみなければわからない(No.2243)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

「やってみなければわからない」

ということを独立前から

先輩方に教わってきました。

当時は

その意味

その言葉の深さが

理解しきれていなかったと思います。

頭だけの理解だったというか・・・。

 

 

ここ最近

人がやっているのを見ていて

自分もやれそうだと思ったのに

やってみたら全然できなかったということが

いくつかありました(笑)

出来る気しかしなかったのに

できなかったのです(笑)

見ているのと

やってみるのとは

大違いですね。

 

 

また、それほど期待していなかったのに

やってみたら楽しくて

素晴らしい経験ができた

ということもありました。

 

 

やはり

やってみなければわからないのだと

改めて感じたのです。

 

 

やってみなければわからない。

だからこそ

意識して新しい経験をしてみることが

大事だと実感しました。

 

 

そして、やってみなければわからないから

できるだけ早くとりかかることも

大事だと思います。

やってみなければ

どれぐらい時間がかかるものかが

わからないからです。

思ったよりも時間が必要かも

しれませんから。

 

 

「まずやってみる」

ということを

可能な限り早くする

ということを

改めて意識していきたいと

感じました。

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ