「報告したい」と思われる人になる(No.2526)

こんばんは!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

困ったときに

相談できる人の存在って

大事ですね。

話を聴いてほしいときに

聴いてくれる人の存在も

大事ですね。

 

 

そして

がんばったとき

嬉しいことがあったときに

報告できる人の存在も

大事だなあと思います。

報告することで

また、モチベーションが上がります。

報告した相手が

喜んでくれたら

さらに喜びが倍増します。

そんな嬉しい体験は

自分へのご褒美になり

また、報告ができたらいいな!

報告できるようにがんばろう!

と、励みになりますね。

 

 

久しぶりに

中学校のときの担任の先生にお会いし

いろいろと報告をする娘を見ていて

感じました。

 

 

人のモチベーションをあげることって

そんなに大袈裟なことではないなあと

思います。

相手にとって

「報告したい」と思われる存在であること。

話を聴いてあげること。

話を聴きながら

嬉しい気持ちに寄り添うこと。

また報告してほしいと伝えること。

そんなことが、大きな励ましになるのだと思います。

 

 

相手にとって

「報告したい」と思われる自分でありたい

と思いながら

今、そういう存在になってはいないな・・・

と気づいたなら(笑)

すぐにでもできることがあります。

自分から相手に興味を持って

声をかける。

相手の話を聴いて

感情を共有しようとする。

そんな積み重ねが

信頼関係をつくり

「報告したい」

と思われる存在になっていけるのだと

思います。

 

 

結局

日常の積み重ねだな。

と、書きながら腑に落ちた私です(笑)

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ