違和感を感じたということは・・・(№460)

富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。




今日は8月1日。


毎月1日に行っている


「ミッションステートメント見直しデー」でした。


毎月1日にやると決めたことが、習慣になってきました。


いい流れだと思っています。





私のミッションステートメントは


「自分はこれを目指して、こう生きる」


という自分の信条を短い文章にしたもの


プラス


「これをやる」


「こんなことをしない」


という具体的なことを書いた、たくさんの項目からできています。


具体的なものは毎月、追加したり変更したりしているんです。





毎月1日の見直しでは


この具体的な項目の中で


「これはできるようになってきた。習慣になりつつある。」


と思えるものや


「全然意識せずにすごしていたな・・・」


というものがあります。


普段意識しているようで、なかなか意識できないものだと感じていますが


毎月1日に見直すと、少なくとも月に1回は


意識する機会を持つことになります。





今日の見直しでは、具体的なものよりも


短い文章のほうに


少し違和感を感じました。


今までのように


「そうそう!これを目指すんだ!」


という気持ちと少し違いました。


何に対して違和感を感じたのか


はっきりはわかりませんが


自分の目指すものを


もう一歩深く見つめたいタイミングなんだろうか?


と感じています。





そもそも、ミッションステートメントは


定期的に見直す作業こそが大切であると学びました。


見直しながら


さらに自分らしく満足のいくミッションステートメントにしていきます。




毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ