深く考える時間を確保する(No.2190)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

このゴールデンウィークは

B4サイズのらくがきちょうが

私のおともです。

らくがきちょうを使って

書き出しています。

 

 

ゴールデンウィークは

子どもたちも部活の練習試合や

学校やその他の用事があり

 

私もちょこっと仕事があったりして

予定が合わず

遠出をすることもありません。

ということで、3人でカフェ三昧な感じです。

昼間は娘と二人で

もしくは息子と二人で

夜は三人一緒に

カフェに行き

子どもたちはそれぞれ宿題や

自分のやりたいことなどをして。

私は仕事をしたり

頭の整理のため書き出したり・・・と

そんな過ごし方をしています。

 

 

これまでを振り返ると

こうして考える時間をしっかりとれるとき

自分のパフォーマンスを高めることができる

と感じています。

忙しくなってくると

こういう時間が短くなり

いろいろなことが後手後手になり

流れが悪くなってきます。

いろいろと細かいミスを

するようになります。

結局

立ち止まって

先の予定を見通して

準備の時間がとれると

余裕が生まれてくると感じます。

がっつりな準備じゃなくても

先の予定を頭に入れて

考え始めるだけでも

よい流れに近づくと感じます。

 

 

とくに、ここ最近

私が書き出して

言語化しようとしていることは

今年の大きなテーマについてです。

今年深めたいことです。

それは自分の使命について。

 

 

「自分は何のために自分の命を使いたいのか?」

昨年末から向き合い続けてきたことです。

自分はこんな人生を送りたい。

こんな人間でありたい。

ということはミッションステートメントとして

文字にしてきましたが

まっさらな気持ちで

深めていきたいという願いがあり

今、取り組んでいます。

まっさらと言っても

全てを変えるということではなく

改めて、自分に訊いている感じです。

確認しているのです。

これまでよりも深く

自分にアプローチしたいのです。

 

 

ようやく

言葉にできるようになってきて

つながってきたような気がします。

自分の納得感が高まってきた

という感じでしょうか。

 

 

この件については

急いで言葉にしようと思っていません。

ゆっくりと時間をかけて

自分と対話をしているのです。

自分に対して

「今日、ちょっと時間ある?

落ち着いて話せる気分?」

と確認して(笑)アポをとり

「う~ん、ちょっと疲れてきたな・・・」

って言われたら

「よし、今日はここまでにしよう」

という感じで

自分との対話を大切にしています。

 

 

そのせいか

丁寧に向き合っている感覚があり

嬉しいです。

 

 

先日、なんでそんな話になったのか

覚えていませんが

娘から

「もし今日で命が終わりますってなったら

どう思う?」

というようなことを訊かれました。

これまでの自分だったら

まだまだやりたいことがあるから

死んでも死にきれないって

思ったかもしれませんが

その時の私の感覚は

ちょっと意外なものでした。

「やるだけやった。精一杯やった。

っていう気持ちになるかも・・・」

娘にはそう言いました。

そんな感覚になれたことが

大きな喜びでした。

もちろん、やりたいことはたくさんあるのですが。

子どもにしてあげたいことも

ありますし。

でも、自分の感覚を味わい

日々、精一杯丁寧に向き合う中に

幸せがあるのだと

実感した出来事でした。

 

 

自分の人生にとって大切なことを考える時間を

味わいながら

目指すものを見つめながら

日々一歩一歩

自分らしく

自分の人生を生きたいと思っています。

 

 

それが、母親としての自分のテーマ

「娘と息子が、生きたいように生きることを

応援する」

ということにつながると

感じています。

 

 

今日、明日

短くても時間を確保して

文字化を進めていく予定です。

どうもこういう時間が好きでして。

楽しみたいと思います。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ